「原爆と人間」 パネル展


「被爆70年を核兵器廃絶の転換に」をテーマに、
原子爆弾落下直後の広島と長崎の当時のパネルや
福島第一原発の影響を受けている福島県二本松市のパネル、
戦争や原発に関する資料など約60点が展示されています。


期間:平成27年8月19日(水)~23日(日)
               最終日は16:00まで

場所:栗山町図書館ギャラリー

主催:原水爆禁止栗山協議会

後援:栗山町教育委員会
講演会「戦争体験を語り継ぐ」

弁士 稲毛 淳 氏「栗山の戦没者」
    坂井 菊二郎 氏「栗山の戦後」 他

日時:8月23日(日) 午前10時30分~

場所:栗山町図書館 視聴覚室

※8月23日(日)は、青い目の人形(角田小学校所蔵)展示

■展示資料(一般書)

『足跡「戦時下の栗山」 小さな手帳からのメッセージ』
  坂井 菊二郎/編集責任

『語り継ぐ激動の時代 戦中・戦後の栗山』
  十五日の会/編                他

■展示資料(児童書)

戦争をテーマにした児童文学も展示されています。
千羽鶴を折るコーナーも設置されています。