栗山中学校職場体験の様子

10月13日・14日の2日間にわたって、町内中学校の生徒さん3名が
図書館の仕事を体験に来られました。

普段利用者として来ている時には知らなかった業務など
図書館の裏側をのぞいてみて、それぞれに感じるところがあったようです。

   
 
職員が使う図書館システムの体験中

「目指す本にたどりつくには、どんなキーワードを
使えばいいと思う?」

司書は発想力も試されます

 実際に思いついたキーワードで検索!

ん?見たい本とは違うものまで表示されてる…

言い換えたり、範囲を広げたり絞ったり…
さて、見つけられたかな?
   
 
図書館の調べものお手伝いサービス
「レファレンス」を体験中。

そうそう、わからないことは辞書や事典を使うこと、
検索機だけでなく、棚を直接見ることも大切です。

 
みんなで考えた特集コーナーを設置しましょう!


お客様の興味をひけるような紹介カードを作成中。
中学生の皆さんのセンスが光ります!

緊張の面持ちであいさつに来てくれた時から比べると、
当日を終えた後の写真では素晴らしい笑顔がこぼれていました。

職業体験は生徒さん達にとって、図書館について新しい発見や学びのある体験であると同時に
職員にとってもたくさんの気づきや発見の連続です。


今年も中学生のみなさんと一緒に仕事ができて、本当にたのしい2日間でした!