ヤム・ニ・ウシ美術展 友田コレクション小品シリーズ「第87回」

「北海道の版画家たち」展

親密で重厚・繊細に描かれた楽しく美しい魅力的な作品を公開




            ■期 間 2018年1月10日(水)~1月21日(日)

        ■場 所 栗山町図書館 ギャラリー

        ■入場料 無料

        ■時 間 午前10時~午後6時(木曜日は午後8時まで) ※月曜休館

        ■主 催 栗山町教育委員会




北海道の風物をモチーフに、秀れた版画作品を制作する美術家は数多い。

世界的に評価高い一原有徳をはじめ、ふくろうや白鳥など十数冊の絵本で知られる

木版の手島圭三郎、小樽の食品市場などと人々を描く大井戸百合子、

独自な表現で人々に愛される作品を制作し続ける大本靖・尾崎士郎・清水敦

細見浩・千葉七郎など枚挙できぬ版画家たちが北海道にいて多彩である。

木版・銅版・石版など技法は多彩だが、それら版画家たちが1984年に

北海道版画家協会創立25周年記念の版画集を刊行した。親密で楽しい作品の数々といえる。

参考資料:教育委員会作成ポスター








今回で最後のヤム・ニ・ウシ美術展です。ぜひ、お越しください。